腹腔鏡下胆嚢切除術(21)

「絶対に安全な眺め」とは、この眺めでは、胆嚢管と思われる構造物は実際胆嚢管であって、総胆管と間違えていることはない、という眺めである。

これほどまでに、外科医は総胆管を間違えることを嫌う。

腹腔鏡下胆嚢切除術で、最も重要なポイントだからここまでの言葉を用いて注意喚起されているのである。