喫茶店

たまに入る。週末土・日曜日など昼食を取った後にウインナーコーヒーでもと、甘いものとコーヒーを同時に口に入れながらわずかな時間を過ごす。喫茶店はiPADをやるもの、本を読むもの、ボーとしているものがいる。携帯などで喋っているものはほとんどいない。皆寡黙である。コーヒーなどをすする音が静寂の中に軽く響く。店員がコーヒーを作りながら静かに話している。音は小さく少ない。コロナとの共存、ニューノーマルとはこの喫茶店の雰囲気か。いまや、どこの喫茶店での似たような雰囲気である。

病院内での喧騒、コロナ疑いの患者さんが来た時の院内の緊張とは全く相入れない平穏がある。週末くらいは喫茶店もいいか。