■睡眠時無呼吸症候群とは?
睡眠時無呼吸症候群(SAS:Sleep Apnea Syndrome)は、気道の閉塞などの原因で、睡眠中に何回も呼吸が止まる病気です。
いびきや起床時の頭痛、日中の眠気や倦怠感などの症状があります。また、高血圧や脳卒中などの循環器疾患や、糖尿病などの合併症を引き起こす事もあります。そのうえ、日中の眠気のために、交通事故や産業事故などをひき起こす可能性があります。ですから、患者さんに合わせた適切な検査と、治療が必要です。

■睡眠ポリグラフィー検査とは?
睡眠時無呼吸症候群の原因や重症度を調べたり、治療方法などを決定するためには十分な検査が必要です。睡眠ポリグラフィー検査は、睡眠の状態を全体的に調べる検査です。
入院して頂いて、脳波や心電図、胸部の動き、血中の酸素量などの検査端子を体に取り付けて一晩寝て頂きます。痛みは全くありません。
一般には、外来で問診や簡単な検査をし、睡眠時無呼吸症候群の疑われる方には、日程をご相談し入院して当検査を受けて頂きます。


■治療方法は?
適切な治療を行うと日中の眠気や倦怠感などの症状がなくなるだけでなく、合併症を予防したり、改善することができます。軽症の方は、減量や飲酒を控えるなど生活習慣の改善により症状が軽減したり、無くなることもあります。中症〜重症の方は、CPAP療法が第一選択です。

■CPAP(シーパップ療法)
鼻マスクから気道に空気を送り込み、気道の閉塞を防いで無呼吸を無くす治療法です。
CPAP治療を受けて頂く場合は、睡眠ポリグラフィー検査後さらに1日の入院が必要となります。また、当検査後いったん退院し、後日CPAP治療を導入することも可能です。

Q. 睡眠時無呼吸症候群とはどのような病気ですか?


A.睡眠中に何度も呼吸が止まった状態(無呼吸)が繰り返される病気です。
いびきや不眠、夜間睡眠中に目覚めたり、起床時の頭痛、日中の眠気などの症状があります。日中の眠気のため、居眠り運転による交通事故などを起こしやすく、治療をせずに放置しておくと生命に危険が及ぶ場合があります。
症状
いびき・日中の眠気・夜間覚醒・不眠
日中の眠気から
交通事故・産業災害・仕事上のミス・学業不振

Q. 睡眠時無呼吸の原因は何ですか?


A.多くの場合、空気の通り道である気道が、部分的あるいは完全に閉塞してしまうことによりおこります。そのため、睡眠時無呼吸は肥満の人、首が短くて太い人、顎が小さい人などに多く、もともと気道が狭い構造になっている上、睡眠中には咽頭の筋肉や舌(これも大きな筋肉です)が緩みさらに気道が狭くなっておこってくるのです。

Q. 睡眠時無呼吸症候群(SAS)はまれな病気ですか?


A.日本人の2〜4%、約240万人がSASに罹患しているといわれています。
高血圧や糖尿病などの生活習慣病を患っている方はさらに高い確率でSASを合併していることが分かっています。このように実はSASは身近に潜む病気なのです。

Q. どのような検査が必要ですか?


A. 睡眠時無呼吸症候群の原因や重症度を調べるたり、治療方法や処方を決定するには十分な検査が必要です。一般的には一晩入院して、いろいろな電極やセンサーなどの検査端子を身体に取り付けて眠り、睡眠状態を調べるポリソムノグラフィー(PSG)という検査を行います。
ポリソムノグラフィーでは、脳波と心電図、胸部・腹部の動き、鼻からの空気の流れ動脈中の酸素の量などを連続で記録して、翌日に医師が診断します。

Q. 治療方法を教えて下さい


A.睡眠時に鼻から一定圧を加えた空気を送り込むことにより、上気道の閉塞を取り除き睡眠中の気道を確保する非常に有効は治療法です。ほとんどすべての睡眠時無呼吸症候群の患者さんに有効で、多くの患者さんへの治療の第一選択とされています。CPAP療法といいます。

Q. CPAP療法のメリットは


A.
@ 生活習慣病の予防、改善により、死亡率の低下が望めます。
SASに罹患している人は、心筋梗塞や脳卒中などの致命的な心血管イベントが健康な人の約3倍になりますが、CPAP療法を実施すると、健康な人と変わらないほど低下します。
A 昼間の眠気を解消し、交通事故などを防ぎます。
重症SAS患者さんの眠気による労働災害、交通事故が最近注目されています。
CPAP療法により、よりよい睡眠をとり、交通事故労働災害を予防しましょう。
■呼吸器内科(2018年9月〜)
診察日
  木曜日
    午前:初診受付(午前9:00〜10:30)
    午後:予約制(再診のみ 午後2:00〜4:30 2・3・4週)
  診察の前に必要な問診票・検査をさせていただきますのでご了承下さい。
初めて診察を受ける際は休診の場合も有りますのでお問い合わせの上、ご来院ください。
HOME | 院長挨拶 | 病院概要 | 外来診療のご案内 | 入院のご案内 | 放射線科 | 泌尿器科 | 人工透析
睡眠時無呼吸症候群 | リハビリテーション科 | 施設・設備 | 看護部 | 求人情報 | 交通案内 | 関連施設 | お知らせ

医療法人社団全仁会 東都春日部病院

〒344-0022 埼玉県春日部市大畑652-7

TEL:048-739-2000 FAX:048-739-2003

プライバシーポリシー

Copyright (c) Touto Kasukabe Hospital. All Rights Reserved.