人の幸せは、健康で快適な生活を送ることであります。この基本的願望を充足すペく、「地域に根差した患者さんのためのよりよい医療と福祉」をスローガンに皆様の健康に貢献し、生命の尊厳を守る崇高な理想のホスピタル、ユートピアとしてのホスピア実現を目指します。

看護の誇りは、相手を思いやる気持ちと、より良いケアを追及し、実践し続ける力を持っていることです。

当院の看護理念は『地域の皆様に頼られ、安心できる看護を提供する』ことを掲げています。頼られるための第一歩は、きちんと応答することです。地域医療で応答するためには多様な(特化した領域のみでない)知識・技術が必要です。看護はいつでも具体的なその人の生に向き合う立場にいます。目の前の患者さん一人一人のこれからをどう支えるのかを、患者と共に考え手助けできるナースを育成していきます。

武里の地域固有の問題に対応しながら急性期では一日も早い社会復帰をめざし、慢性期においては個々のペースにあわせた自宅復帰への手助けができるナースを目指してスペシャリストではなくジェネラリストとしての活躍が出来る様サポートしていきます。急性期から在宅までの看護ニーズを学びながら地域貢献に情熱を注ぐナースを必要としています。

病院見学は随時行っていますので、お気軽にお問い合わせください。

看護部長 細田由美子

3A病棟
3A病棟は外科・内科・泌尿器科の38床の一般病棟です。

急性期から慢性期・終末期の患者さんをチームナーシングで受け持っています。育児短時間就業も積極的に取り入れており、子育てをしながら働くことができます。

男性看護師も数人在籍して新卒からベテランまで、あらゆる疾患に対応できるジェネラルナースを目指して頑張っています。一緒に働きましょう。
3B病棟
整形外科領域が主となり不慮の事故による骨折や変形性膝関節症・脊柱管狭窄症などの手術患者さんが多く入院されます。

他には内科全般、外科、脳外科など疾患患者さんも入院する38床の一般病棟です。スタッフは毎年新人が2〜3人配属され平均年齢も若くなっています。

患者様が安心して入院生活が送れるように、相手の立場に立って理解することを大切に、日々研鑽に励んでいます。スタッフは毎年新人が2〜3人配属され平均年齢も若くなっています。患者様が安心して入院生活が送れるように、相手の立場に立って理解することを大切に、日々研鑽に励んでいます。
4階:医療保険対応型療養病棟
当病棟は主に透析・終末期の患者さんへ看護・介護を提供しております。

プライマリーナースシステムを取り入れ、患者・ご家族が安心・安楽に入院生活を送れる様にスタッフ全員で病棟作りを目指しております。

働く現場も、笑顔で対応する事を忘れずに、明るく助け合える環境作りを心掛けております。私たちと一緒に温かい病棟を作って行きましょう。
5階:特殊疾患療養病棟
特殊疾患療養病棟です。

意識障害を持つ患者さんが多く、慢性的疾患に加え長期臥床により、医学的ケアや生活の全てに介助が必要な方が入院しています。

高齢な方が殆どで、もともと持っている疾患の悪化や異常の早期発見に努め、合併症を予防し、家族に寄り添い患者が苦痛なく過ごせるように日々奮闘しています。内科、外科、脳外科、泌尿器科の医師が主治医として診療しています。病床数は54床です。

明るい職場環境であり、子育て支援にもみんなで協力しながら、以下のように外来目標に向かって日々研鑽し、看護業務を実践しています。利用者の視点に立った効率的で安心かつ質の高い医療、看護を提供することを目指しています。

外来目標
@患者さんの立場を尊重し、優しさ、気配りのある看護ケアを提供する
A定期的に勉強会を実施し、専門的知識を高め技術向上に努める
B入院から外来への継続看護を実施する

手術室では、外科・整形外科・泌尿器科・腎臓内科・形成外科等、5診療科目の手術を担当しています。H28年度は439件の手術実績がありました。

手術室は2部屋あり、火曜日から土曜日の定時手術に対応しています。



スタッフが一丸となって、患者さんが安全で安心して臨めるように、万全な準備と最善の医療の提供に努めています。

患者さんに一番近い看護師の立場から、少しでも手術・麻酔への不安の軽減ができるように術前・術中・術後の看護に取り組んでいます。術前訪問を行う際には「不安がないか」「こんなことを聞いてもいいの?」などの小さな疑問も話せる環境作りに努めています。


新人看護師1年目は、接遇・規律・積極・責任の5つの情意目標により、組織人教育をします。
臨床看護教育は、クリニカルラダー(段階別看護実践能力)を用いて、達成度と、目標を明確にして実施します。
実際は、チューター制度を基本に、所属チームのスタッフ全員が関わり、面接によるフォローアップが行われます。

■看護部研修

チューター制度の開始
新人看護師には、先輩の看護師が、指導や相談を実施。いっしょに、3ケ月の到達目標をたてます。

看護技術研修
採血、吸引、清潔操作
4月から6月の初期段階をクリアしたら、いよいよ臨床にデビューします。

看護技術研修
輸液処理、モニターなどの医療機器の操作。

■新人1年目リフレッシュ研修
7月・10月・2月
教育委員会によるフォローアッフ研修

■看護過程の実践
担当する事例をケースレポートします。

■卒後12ヶ月目
1年間の評価と次年度の目標計画作成
夜勤業務のトレーニング
いよいよ、単独で看護業務が任されてゆきます。

■2年目以降のキャリアアップ段階

病院行事・研修会
当院では、年間の教育計画により、様々な研修会が開催されます。また、法人グループ全体の学術集会、外部の学会での演題提出など積極的に活動しています。
HOME | 院長挨拶 | 病院概要 | 外来診療のご案内 | 入院のご案内 | 放射線科 | 泌尿器科 | 人工透析
睡眠時無呼吸症候群 | リハビリテーション科 | 施設・設備 | 看護部 | 求人情報 | 交通案内 | 関連施設 | お知らせ

医療法人社団全仁会 東都春日部病院

〒344-0022 埼玉県春日部市大畑652-7

TEL:048-739-2000 FAX:048-739-2003

プライバシーポリシー

Copyright (c) Touto Kasukabe Hospital. All Rights Reserved.